生徒に合わせた、教材を使用します!

お子様の目標は、様々ですよね!

塾によっては、教材を指定している所もあるかもしれませんが、More個伸塾では「個」を「伸ばす」ということで、教材は親御様と相談して決めております。
教わる側も教える側も、非常に使いやすい「フォレスタシリーズ」をはじめ、各学校で教科書にフォーカスした教材など、希望に沿ったレベルでの進行が可能です。中学受験での定番「サーパスシリーズ」も対応しておりますし、また「他塾でご使用の教材」や親御様が「独自に仕入れた参考書」などを、教材を持ち込んでの指導も受け付けています。
More個伸塾では、みなさまに強制しないスタイルで、「個を磨く」事にフォーカスして、お子様の成績を伸ばしていきたいと考えております。

先取り学習・復習学習ってどっちがいいの?

特に迷う点として、学校の授業に対して、先取りして予習することがいいのか、学校でやったことを戻って復習して、忘れないように補強していくことがいいのか、という点があると思います。
先取りで予習することで、学校が復習になり、理解定着が速そうだなということは、なんとなく皆様イメージしておられると思います。ただ、学校は毎日通学しますから、それだけでも習慣となり、定着していく率も上がりますが、塾はどれだけ多く通っても、1教科に対しては週2~3回が限度ですよね。やはり、その場合はどうしても詰め込んでいる風潮が多く、一定期間を過ぎると忘れてしまっている、その忘れたまま次の単元に進んでしまっている、という事例が体験授業の際に、見受けられるケースもよくあります。
効率よく前の学習に戻ったり、学校の学習進度に対して少しアドバンテージをとったり、お子様の理解度に合わせて、進んだり戻ったりしていくことが、やはり「理解定着」には不可欠だと考えておりますので、Moreの信条であります「とことん、理解するまで付き合う」という姿勢で、バックアップしたいですね!

 

関連記事

  1. 定期テストにシーズンは関係ありません!

  2. 中学受験・国語の勉強方法について

  3. マンツーマン指導が受けられる!

  4. 中1の数学って、意外と〇〇なんです!

  5. 春期講習の時期が近づきました!

  6. 夏期講習の役割と重要性とは?